ぶらり嗣永桃子の旅

桃子ラストライブの翌日,自分の中の嗣永桃子との場所を訪れた。
の前に前日

ZeppTokyoは何度もライブで行った場所。
桃子に結婚おめでとうと言ってもらった場所でもある。

フジテレビは,プロミスランドを見た場所。
桃子推しが始まるきっかけになった。


ライブ翌日,朝から雨。まさに涙雨。

ラクーアは呪縛イベで初めて桃子と握手をした場所。
私の桃子推しはここで決定づけられた。



代々木。桃子を初めて見た場所。



中野。ここで何回桃子を見ただろう。
あいぼんとの「渚の『・・・・・』」は私のヲタ人生の一つの到達点だった。



パシフィックヘブン。2006年のイベントで桃子に指名され,二言三言,言葉のやりとりができた。
この年の夏は,よみうりランドでのイベントで桃子の引いた抽選に当たり,ポスターをもらうこともできた。
最高潮の時期だった。



ラストライブ会場。すっかり片付けられていた。青海の駅にはこの会場跡をじっと見つめている人が数人はいた。



有明コロシアム。私がBerryz工房Buono!を生で最後に見た場所はここだった。


彼女との思い出の場所はまだまだたくさんある。
そこがどんなに形を変えようとも,私の中の嗣永桃子の記憶は決して変わることはない。

ライブ終了


宿の近くまで戻って、打ち上げです。桃子がいなくなることはわかっていましたし、覚悟もできていたと思っていましたが、ライブが終わり、アイドルとしての桃子が本当に終わった後の虚脱は想像以上でした。とりあえず飲んで食って元気を取り戻します。
泣ける場面は沢山ありましたが、中でもI NEED YOU はホントに効いたなあ。ボロ泣きでした。横アリに行けなくて生で聴けなかったのが残念だったのですが、生で聴いたら聴いたでキツいものがありました。
桃子は最後まで素晴らしい姿でした。健気というか、ホントにいい娘というか。桃子が世の中で一番幸せになってほしいと本気で願います。
さて、この穴どうしましましょうか?別にハロヲタを卒業するみたいなことはあまり考えてはいません。カントリーの面々のこれからは特に気になるところです。特に結(爆
でも、桃子がいなくなったことで、ハローへの向き合い方はやっぱり変わると思います。まあゆっくり考えるというか、流れに身を任せることになるのかなあと思っています。

明日は、桃子とのこれまでを振り返る時間にしようかなあ。今日、飲みすぎなければ(笑

カントリーガールズ 仙台ライブ

数日前から言いようのない妙な緊張感があった。それは、桃子との最後の握手ということと、カントリーに最近起きた出来事が原因になっていることは分かっていた。

今日は、桃子をきちんと目に焼き付けようと考えていた。普段なら、最初からサイを掲げて最高潮って感じになるが、立つ位置にも困まる状況もあって、地蔵を決め込んだ。そのお陰で冷静に桃子を見ることができた。(実際には"桃子時々結"ですが冷や汗)ライブを本当に楽しんでいる桃子たちを見て、私自身が楽しむことができた。桃子を見ながら、今までの桃子との時間を振り返ってもいた。
ただ冷静と言っても最後の「VIVA!! 薔薇色の人生」の時だけは、昼も夜も興奮した。と同時にもの凄い寂寥感に襲われた。こんな感じで励ましてくれる人はこれからもいるかとはとは思うが、桃子以上の人はおそらく見つかりそうもない。わたしが一区切り付けなければいけない現実を実感した。
また、結が、夜に泣いたことにもグッときた。桃子が糸魚川でのWスタンバイツアーファイナルで涙したことと重なってしまった。
握手は予定していた内容を桃子に話すことができた。昼は今日のライブについて、夜は今までの感謝についてがテーマだった。私が恐れていたのは桃子の反応。今まで、大抵は満足のいく反応をもらえていたが数少ない例外がないわけではない。最後の握手で、しょっぱいのは勘弁と思っていたが、そこは流石プロ。私にとって悔いのないものになった。私の桃子との繋がりは13年前のラクーアでの握手会から始まり、自分の中での繋がりを握手で確認してきただけに、今日の握手は大切にしたかった。
(ただ結については、昼は大丈夫だったが、夜は彼女の大きな瞳にヤラレてしまって、言葉に詰まってしまった。変な宿題が残ってしまった冷や汗)

あとは、青海だけ。桃子を、ハロプロを、そしてこれからの自分を振り返る2週間にしようと考えている。

Buono!ライブ(LV)

今日はおとなしく家に戻って、打ち上げです
Buono!はホントに好きなグループで、結婚したあと、しばらく遠征は自粛ムードでしたが、Buono!だけは嫁から許可を得て、横浜とかに行ってました。
私にとって素敵な歌がBuono!には多いんです。いつ聞いても新鮮というか、飽きがこないというか、泣けてくるときもあれば、楽しすぎてニヤニヤしてしまうときもある。
今日も、あっという間の3時間でした。全部よかったんですが、I NEED YOUを歌っていた桃子が綺麗だったなあ。改めて見惚れてしまいました。
ラストということもありますが、そのことを取っ払ったとしても、素晴らしいライブでした。映像化されたら、もう一度見たいとは思いますが、それでも、今の自分の気持ちを再現することは難しいかな。それだけ気持ちが高まりました。当たり前ですが、できれば現場に行きたかったです。ただなんだかんだ言って、今の私を支配している気持ちはやはり喪失感だと思います。
私にとっては、ここから桃子のラストに向けて、加速が増した気がします。今日の喪失感を考えると、7月以降の自分がどうなっているのか、想像しただけで悲しくなってきます。

娘。ライブ

ライブ終わって、打ち上げです。今日も自分の中で結構盛り上がりました。
特に、月夜〜What is LOVE?の流れとか、いきまっしょいとか。古いのとソコソコのと新しいのがそれなりに織り交ぜてあって。それはそれで色々あるんでしょうが、私にとって好みの歌がそれなりにあったということでしょうか?満足いくライブでした。
アンコールのブラボーもよかったなあ。あの歌、好きなんです。彼女たちの強い想いを聞いているようで。
あゆみの地元なので、もちろんあゆみモードで参加してたのですが、ライトの色は何気にオレンジ。どぅーも好きですから。あと2代目もよかったなあ。帰りに写真買ってしまった(笑
モーニング娘。ってホントに楽しいです。

何時の頃からか,桃子と握手するたびに,これが最後と思うようになった。
今回もそんな思いでライブを見て,握手に臨んだ。
夜の部のあとの桃子との握手は,期待を裏切ることのない,いつも通りのものだった。
桃子はやっぱり桃子のままだった。
後ろのスタッフに流されていく私をいつまでも見送りながら,
ぎりぎりまで手を握り,目線をくれた。


桃子との十数年を想いながら臨んだライブ。
そういえば,べりとしての最後の握手もここ山形だった。
あのお台場とラクーアで始まった桃子との日々も,もうすぐ終わろうとしている。
本当はそんな悲壮を感じる時期ではないのかもしれない。
まだ,何かあるかもしれない。


でも,終わりは着実に近づいていて・・・。


帰りの電車では酒を飲みすぎた。
仙台に着いてからカラオケに寄り,桃子がらみの歌を歌った。


桃子のファンになってよかったと、心の底からそう思った。


仙台 娘。

夜のみに参加しました。石田さんの東北愛を今回も感じました。楽しいライブでした。今回は、尾形さん、石田さん、工藤さん、リーダーを中心に見ていました。
ただ所々で鞘師を感じてしまって、思いの外引きずっているなあと、自分でも意外でした。特にOnly youの時、ぐっと胸に迫るものがありました。
今は一人で打ち上げてますが、気分次第では、一人カラオケもありかなぁ、などと考えています。